家事代行サービスで働きたい

家事代行スタッフに必要な資格・スキル

様々な世代に利用される家事代行サービス

働く女性が増えたこと、それと共に共働きの家庭が増えています。正社員やフルタイムで働きながら、掃除や洗濯、料理などを完璧にこなすのは大変なことですよね。

そのため少しでも家事の負担を減らすべく、家事代行サービスを利用される方が増えてきています。

定期的に家事代行サービスを利用して、片付いた部屋を維持したり、水回りをキレイにしてもらったりして、休日が家事で1日潰れてしまうということは無くしたいですよね。

休日をゆっくりと過ごしてリラックスし、毎日ちょっとずつ溜まったストレスを解消し、気分転換することができます。

また、独身の男性は家事を自分でするよりも、家事代行サービスを利用して貴重な時間を趣味やリラックスする時間に使う人が増えているそうです。

そしてシニア世代になると家事をしたくても思うように動くことができなかったりするので、家事代行サービスにサポートをお願いしている方もいらっしゃるそうです。

今後も家事代行サービスを利用する方が増え、ニーズが高くなっていくことでしょう。

特別な資格やスキルが無くても大丈夫!

家事代行サービスに参入する業者も増えていますから、それに伴いスタッフの募集も盛んに行われています。働いてみたいな、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、働くにあたって何か専門的な資格やスキルが必要なんじゃないかという点が気になりますよね。

家事代行サービスのスタッフになるために、特別な資格は必要ありません。

求人サイトなどでは、必要な資格は記載されていないことが多いです。「家事経験がある主婦(夫)、子育て中の方なども歓迎!」という文言を多く見ることができます。

なので、特別な資格がなくても、家事を経験している主婦であれば家事代行サービスのスタッフとして働くことができる業者が多いです。

家事代行サービスの会社によっては、依頼者の自宅で仕事を始める前に、研修や講習などを行い、掃除や洗濯の道具の使い方やポイント、料理のコツなどを受けることができます。

家事代行サービスのスタッフとして働く魅力は、今までしてきた家事や育児の経験を活かすことができることです。

主婦歴が長く、仕事へのブランクがある方でも、いままで経験してきた家事スキルがあれば問題なく働くことができるでしょう。

ただし、家事代行サービスのスタッフとしてお金をもらって働くのですから、依頼者に満足してもらえるだけ十分な家事スキルは必要となります。

仕事を続けていくとなると、何か資格や自信を持てるスキルがあると有利です。資格やスキルを持っていると、昇給につながったり、良い条件の仕事を紹介されることも期待できます。

依頼者の満足度が高ければ高い評価にもつながりますので、仕事に対するモチベーションを上げることができます。

家事代行であると便利な資格やスキル

家事代行サービスと一言で表しても、料理代行・掃除代行・チャイルドシッター・ベビーシッターなどいろいろな仕事内容があり、それぞれに歓迎される資格があります。

掃除代行で役立つ資格・スキル

掃除代行は、料理代行と比べると、日常的な家事スキルで大丈夫なことが多いです。毎日、家事をしている人なら問題なく仕事をすることができるでしょう。

また、家事代行サービス会社での研修などでさらに進んだスキルを身につけることができるでしょう。

掃除代行サービスであると便利なスキルは、

  • 整理収納アドバイザー
  • ハウスクリーニングアドバイザー
  • 整理収納コーディネーター

などがあります。

スキルでは、洗濯や掃除で使う洗剤についての知識、清掃経験などがあると強みになります。ですが、家事代行サービスでの資格やスキルは持っていなくても良いケースが多いので、求人情報の募集要項をしっかりと確認しましょう。

料理代行で役立つ資格・スキル

料理代行サービスでは、3日から1週間分のメイン料理や作り置き、パーティー料理、シニア世代の健康を考えた食事メニューなどたくさんの需要があります。

材料の買い出しから頼まれることもありますし、依頼者の自宅にある冷蔵庫にある食材で作らなければいけないこともあります。

依頼者の希望や好き嫌いに合わせたメニューを決めたり、食材選び、保存方法、盛り付けなど、料理に関係するさまざまな知識を必要とする仕事です。

料理代行サービスであると便利な資格は、

  • 調理師免許
  • 栄養士
  • フードコーディネーター
  • 野菜ソムリエ

などがあります。

資格をもっていなくても、お弁当作りが得意、フランス料理には自信があるなど、種類ごとで特に高いスキルがあったり、飲食店の調理で働いた経験があると強みになります。

実際に、家事代行サービス会社で、調理師免許、栄養士の資格を持っている人優遇などの記載があったりするので、料理や食材に関係する資格があるのなら、面接のときにアピールしちゃいましょう。

その他にあると役立つ資格・スキル

家事代行サービスの仕事内容は、料理や掃除だけではありません。

最近では、シニア世代の話し相手、ペットのお世話、ベビーシッター、チャイルドシッターなど幅広い仕事内容となっています。

もちろん、育児の経験や介護の経験などもとても役立ちます。

その他にあると便利な資格は、

  • 介護職員初任者研修
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • ペットシッター

などがあります。

家事代行に役立つ資格やスキルはしっかりアピールしよう

家事代行サービスで働くには、いろいろと役に立つ資格があることがわかりました。

指名制の家事代行サービスやマッチングサービスの場合、資格があると依頼が増える事もあります。資格がないと不利、資格がないと働けないということはありませんが、家事代行サービスのスタッフとしてのスキルを上げたいと思っている人は取得を目指してみるのもいいと思います。

そしてすでにこれらの資格やスキルを持っている方は、履歴書や面接でしっかりアピールしてくださいね。