家事代行サービスについての疑問

ペットの世話も頼める?

ペットのお世話をお願いしたい!

家事代行サービスの利用を検討している方の中には、ペットを飼っている人もたくさんいらっしゃるでしょう。

1日の疲れを癒してホッとした空間を作ってくれるペット。ほんとかわいくて、いつも一緒にいるので、家族の一員でもありますよね。

かわいがっているペットですが、お世話などで困ったことはありませんか?

  • ペットのことが心配で旅行に行くことができない
  • 急に出張が入ってしまってお世話を頼む人がいない
  • 仕事が忙しく散歩に行くことができない
  • 病気やケガで入院することになってしまった

など。

毎日の忙しさのあまり、散歩をすることができなかったり、エサをあげたり、水をかえたりすることも難しいと困っている方もいるそうです。

家事代行サービスをお願い方の中には、ペットの散歩やお世話など依頼したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

ペットシッターやペットホテルなどお願いできるサービスもありますが、ペットのお世話と家事代行サービスを一緒にお願いできるととても助かりますよね。

ペットがいても家事代行サービスを依頼できる?

そもそも、ペットのいる家で家事代行サービスを利用することはできるのでしょうか。そしてもし利用できるのであれば、通常の家事の他に、エサやりや散歩など、ペットのお世話までお願いできるのでしょうか。

結論から言うと、家事サービス会社でペットのお世話をお願いすることはできます。ですが、ペットのお世話に対応している会社は少ないです。

まず家事代行サービスのほとんどの会社では、ペットがいるからといって依頼を断ることはありません。

フローリングの隅にたまってしまいがちなペットの毛や、じゅうたんに絡まった毛やシミなどを綺麗にしてもらいたくて、家事代行サービス会社に掃除をお願いする方は多いです。水槽の魚へのエサやりなど簡単なことなら、家事代行サービスの中でしてもらえるでしょう。

ですが、ペットの散歩や犬や猫などのエサやりなどになると、直接ペットと触れ合うお世話になるので、家事代行サービスの対象外としている会社が多いです。

スタッフの中には動物が苦手だったり、犬猫アレルギーや動物の毛にアレルギーを持っている人がいるかもしれません。なので、ペットを飼っている方で家事代行サービスを利用される場合は、事前にどんなペットを飼っているか伝えておく必要があります。

特に、許可がいるようなペットや大型のペットなどがいるご家庭は必ず伝えましょうね。

また、ペットを家の中を自由に動けるようにしておくと片付けや掃除の妨げになり、サービスがスムーズに行えないという状況が心配されます。

なので、サービスを受ける時はペットはゲージの中に一時的に入れておくなど、マナーや配慮をするようにしましょう。

ペットのお世話はどこまで対応してもらえる?

ペットのお世話にも対応してくれる会社も少ないながら存在します。ただ、何から何までやってくれるということではないようです。

ペットのお世話でしてもらえること

  • 散歩、ドッグラン
  • 餌やり、後片付け
  • トイレシート交換、清掃、シートの買い物
  • ゲージ掃除
  • 遊び相手

ペットのお世話に対応している会社でも、受け付けてくれるのは散歩やエサやりなど、日常的なお世話程度になります。

しつけ・トリミング・ゲージの掃除などはサービスの対象外となります。そのようなことは、ペットショップやペット専門サロンなどにお願いするようにしましょう。

ペットのお世話をお願いするときに準備しておきたいことは、

  • 散歩に必要な持ち物(リード・ティッシュ・ビニール袋など)
  • 散歩ルート
  • ペットの癖や好きなこと、苦手なこと
  • エサの量、時間

などがあります。これらの情報をスタッフに伝えておくことで、ペットを安心してお願いすることができますね。

また、家事代行サービスのスタッフの中にも、小型犬を飼っていたことがある人や大型犬のお世話が得意な方など、人によって得意や不得意があると思います。我がままを聞いてもらえるなら、できるだけペットに慣れている人にお願いしたいですよね。

家事代行サービスでペットのお世話をお願いするときは、ペットの大きさ・種類などを伝えておくと、家事代行サービス会社であなたのペットのお世話に向いているスタッフを選んでくれるでしょう。

ペットのお世話で対応不可なこと

  • お風呂
  • トリミング
  • しつけ
  • 留守中のお世話

ペットのお世話に対応している家事代行サービス会社であっても、専門的な知識や資格が必要なことに関してはサービス外となるので注意が必要です。

また、利用者が留守中でも家事代行サービスは利用できても、ペットのお世話はできないというケースもあります。

家事代行サービスでは、万が一の物損などの事故があった場合の損害保険に加入していますが、ペットは保険対象外になります。そのためもしも利用者が留守中にペットにケガや事故があっても、責任が取れないからです。

ペットのお世話の対応可能範囲は事前に確認しておこう

ペットのお世話に関するサービスは、それぞれの会社によって対応できる範囲が違いますので、どこまでのお世話をお願いできるか必ず確認しておくことにしましょう。

実際にお願いしたい希望内容を細かく伝えることで、サービス内なのかサービス外なのかハッキリさせることができます。

家事代行サービスでお願いできるペットのお世話は、「エサやり」「散歩」「掃除」が中心となります。日常的なペットのお世話と言える範囲になりますね。

家事代行サービスの会社によっては、ペット専用のプランが用意されている会社もありますので、ペットのお世話に慣れているスタッフが対応してくれることでしょう。

高齢でペットの散歩に行くことが難しかったり、バタバタした生活を送っていてペットのお世話が満足にできない方などにとても喜ばれているプランになります。