家事代行サービスの注意点

掃除道具はこちらで用意する必要がある

家事代行では家にあるもので掃除を行う

家事代行サービスを利用するときには、掃除や洗濯などに必要な道具や洗剤などをこちらで用意する必要があります。

家事代行サービスはあくまでも日常的な家事をサポートすることが作業範囲となるため、一般的には利用者の自宅にある掃除道具や洗剤などを利用して作業するという業者が多いです。

例えば、床の掃除を依頼するなら家にある掃除機を利用し、床の拭き掃除を依頼するのなら雑巾と床を拭くときの洗剤などが必要になりますね。

掃除道具は「基本的に準備したいもの」の他に、「よりキレイになるために準備しておきたいもの」があります。

「よりキレイになるために準備しておきたいもの」を準備すると、

  • 掃除の効率が上がる
  • 時短になる

などのメリットが期待できます。

できるだけたくさんの場所の掃除をお願いしたいと考えているのなら、あらかじめ用意しておいた方が良いでしょう。

掃除のために準備しておくべき道具

リビング、ダイニング、各部屋などの掃除

基本的に準備したいもの

掃除機、雑巾、バケツなど

よりキレイになるために準備しておきたいもの

ハンディクイックル・ウェーブなどのはたき・ホコリ取り、クイックルワイパーなどのフロア用掃除道具、粘着ローラー(コロコロ)、リビング用洗剤

キッチン

基本的に準備したいもの

キッチン用の中性洗剤、スポンジ(シンク用)、雑巾など

よりキレイになるために準備しておきたいもの

メラミンスポンジ、歯ブラシ、漂白剤、キッチンハイター、クレンザー、重層・クエン酸など

トイレ

基本的に準備したいもの

トイレ用洗剤、トイレブラシ、雑巾など

よりキレイになるために準備しておきたいもの

トイレ用お掃除シート、メラミンスポンジ、歯ブラシなど

基本的に、家事代行に掃除をお願いする際は

  • 場所に合った洗剤類
  • 普通の雑巾やマイクロファイバーの雑巾、ウェットシート
  • 歯ブラシ
  • ゴミ袋
  • ゴム手袋(使い捨て)
  • メラミンスポンジ

などがあると便利でしょう。

洗剤などは、掃除の途中でなくなってしまわないように補充をしたり、ストックしている場所を伝えておいたり、わかりやすくしておくなど工夫しておきたいですね。

もしも、事前に何を準備したらいいか困ったり、オススメのグッズなどを教えてほしい時には、打ち合わせの時に聞いてみましょう。自宅にある掃除道具や洗剤などを見ながら、あると便利な物を教えてもらうことができますよ。

掃除道具を準備出来ないならハウスクリーニング

日常的な家事のサポートをする家事代行サービスでは掃除道具を準備する必要がありますが、反対にハウスクリーニングでは道具類を準備する必要はありません。

ハウスクリーニングと家事代行サービスは、同じサービスと間違えられやすいですが、全く違うサービスになります。

ハウスクリーニングは、専門的な道具や洗剤を使ってする清掃サービスとなります。専門的な清掃とは、お風呂のエプロン内の掃除・エアコンの分解掃除・キッチンフードの掃除・コンロやグリル掃除・床のワックスがけなど日常的な掃除ではできないような本格的にする掃除のことになります。

自分では落とせないこびりついた頑固な汚れなどをキレイにしてくれるサービスとなります。

家に掃除道具が全くない、家の道具を使われるのはちょっと…という方は、ハウスクリーニングの方が向いているでしょう。

留守中に家事代行サービスを利用するなら

もしも家事代行サービスを利用するときに留守になる場合は、スペアキーを準備しておく必要があります。

鍵をそのまま預かってくれる家事代行サービス会社もありますが、「鍵預かり料」として別料金がかかる場合もあります。サービスを受ける何日前までに必要か、業者に必ず確認するようにしましょう。

また、初めて家事代行サービスを利用するときは在宅していることが条件となる場合が多いようです。スタッフの動きを見たり、丁寧にしてほしい場所などもその場で伝えることができ、次に利用するときに参考にすることができるなどがあるからです。

注意したいことは、貴重品の管理です。大切な貴重品は、見える場所には置かないようにしましょう。

貴重品の管理はトラブルの原因にもなりますので、しっかりと管理しておきたいですね。なくなったら困るものは、できるだけ同じ場所に固めて置いておきましょう。

作業をしてくれるスタッフに悪気がなくても、大切なものをずらしてしまったり、考えていなかった場所に置いてしまったり間違って捨ててしまったりということもあります。

自分の大切なものがなくならないようにするためと、スタッフが安心して作業することができる条件をつくるためにも、貴重品は見えない場所においておくようにしましょう。

家事代行サービスは自宅に来てもらうことになりますから、すべてを見られてしまうと思ってしまいますよね。ですが、「入ってはいけない部屋」「触ってほしくないもの」などを事前に伝えておくことで、そこを避けて作業をしてもらうことができます。

家事代行サービスで自宅に来てもらうときは、このようなことを事前に準備しておくと安心ですね。

準備は準備でも、お客さんが来る時のように掃除をして部屋の片づけをしておく・・・なんてことはしなくてもOKです。

掃除道具や洗剤などの準備、大切なものを見えない所に移動させておくこと、してほしくないことなどを、始めの準備が整っておくだけで快適な空間を得ることができますよ。

家事代行サービス利用の流れ

家事代行サービスを利用するときの基本的な流れは、次のようになります。

  1. 電話やホームページのメールフォームなどで申し込む
  2. 自宅にコーディネータースタッフが来て打ち合わせ
  3. サービス内容の説明、準備しておくものなどの確認
  4. 予約した日の時間に代行サービス開始
  5. サービス終了後支払い

ほとんどの家事代行サービス会社は、申込みをしてから自宅までコーディネータースタッフが訪問して打ち合わせをすることになります。

そこで、部屋の状態・作業内容・予算・サービス実施日などをヒアリングし、家事代行サービスのプラン説明や見積もりの説明を受けることができます。

家事代行サービス会社によっては、内容にもよりますが電話のみの受付や、サービス当日に打ち合わせをして内容をプランを決めることもあるようです。

掃除に必要となる道具をしっかりと準備しておくことで仕上がりに差が出ます。より充実したサービスを受けるためにも、事前にどんな道具が必要かを確認しておくといいですね。